ボイトレ『Your song』ようやく "I sat on the roof."

 昨日のボイトレは、その直前にセッションだったクライアントさんも一緒に行くことになりました。私が歌っている間に、1D1U 10th Campのレポートを書くことにしたら、白紙からだったのに、捗ってしまったようで、軽く3000文字くらい書かれていました。姪の夏休みの宿題も、私が歌っている間に終わったという事例もありましたし、歌声と課題の関係、興味深いです。(笑)

 

 ボイトレは、ようやく『Your song』2番に進めることができました。でも後半15分くらいでようやくですが!

 "I sat on the roof." という出だし。宝地先生が、「ひとみさんが、どんなふうにroofを歌うか?楽しみです(笑)」とニヤニヤして言うではないですか。「ァ サロンダ ルーフ」ですよね…。

 しかし宝地先生が言うには、「ルーフじゃなくて、ほとんどウゥーって言ってますよね」と。確かにそうやって歌ってみると。「roof」っぽくなりました。「ルーフ」って日本語英語になっているよりも、よっぽど「ウゥ」のほうが屋根に聞こえる!(笑)

 そして、in worldの発音。「インワー」よりも、「イヌワー」のほうが、全然in worldに聞こえたり!先生が言うには、外国人「ン」って言えないから、日本橋がNihombashiになっているというのです。mに書いておいた方が、よっぽど「ニホンバシ」と言えるんでしょうね。本当にいろいろと勉強になります。

 そのような調子で、私の思い込み英語の発音、音階など、すべて修正されまして、すっかり生まれ変わりました。でもまだ、流しただけなので、これからです。

 美味しランチで締めくくりました。それから、昨日の記事のバスキア展へ続きます。





0コメント

  • 1000 / 1000