『ロマンスの神様』音声(2)&なぜか、ブルゾン。

 前回のレッスン直後、サビのところを感覚に覚えさせるようにしておいたので、今日はサビのところは、先生のOKも入りました。そこから全体のレッスンへ。

 広瀬香美さんは、結構こぶし入りながら、活舌良く、しかもキーンとした感じなので、ファルセットを使うことなく、すべて地声で歌うことがよさそうです。

 今日のレッスンで言葉の言い回し的に発声が難しいなと感じたのは、だんだんと高音に上がっていく、後半のパートです。

~よく当たる星占いに そういえば書いてあった 今日会う人と結ばれる 今週も 来週も 再来週も ずっと Oh Yeah! ~

 25年前は、胸式呼吸でなんとなくさらっと歌っていた部分だったようです。皆さんもぜひ歌ってみてほしいのですが、ここをすべてジャストミートさせて歌うには、何度もゆっくりペースで音を合わせる練習をしてから、だんだんとスピードアップしていって、通常のスピードで歌う、というプロセスを経ないと、感覚になじまないようでした。

 そのレッスンの模様が以下の動画です。たった1分を切り取ったものなのですが、1分で結構変わっていきます。英語で発音しにくい言葉も後ろの音から、だんだんとつなげるように言うと言えるようになる、というような、そういう感じでしょうか。

 先生はむしろ最近教えてくれなくなりまして、自分でこんな感じかな? を調整しつつ、できたら言語化するというやり方になっています。「いま、ファルセットと胸式呼吸の中間くらいの音の出し方をしたら、出ました」とか。もはや、自分の感覚でしか再現できないものです。

 

 レッスンが終わってから、日曜のミサの作詞作曲について相談しました。(笑)

「RAPはどうか?って、英会話の先生に言われまして…」

「え!(笑) ああ、ブルゾンちえみみたいな、こんな感じはどうかしら?」

 名前知っているけど、テレビ観ないからよくわからないままでしたが、先生が蓋をしていたピアノを開けて、ビートを刻みながらAmでピアノを弾いてくれました。(笑) なので、4行だけの歌詞をそのビートに合わせて歌ってみたら、結構面白い感じに。(笑)

ということで、今練習しています。披露するかわからないですが、一応。(笑)

0コメント

  • 1000 / 1000