伏線回収の凄い映画といえば。

 今日もいろいろなことがありまして、気づけば今日の最後には映画を観ていました。

 今、クライアントさんと『me,too』を作っていまして、最後まで書けた分をご提出いただいたのですが、なんかもう少しよくなりそうだ、という予感があったので、どこをどうしたらいいのかと考えていて、伏線がもっと際立つようにさせるのが良かろうと思って、8年前の韓国映画『ハローゴースト』をオススメしました。私も久しぶりなので、アマゾンでレンタルして、今見終えたとこです。


 知っているはずなのに、また号泣。本当にこの映画の伏線回収はすごい。主人公は死んだ人が見えるのですが、この映画をオススメしてくれたのが、スピリチャルカウンセラーというところも興味深いです。(笑) 著者のクライアントさんもご覧になられたようで、この後ご自身の物語を再度見直すことになっているから、どうなることでしょうか?! 

 それにしても、人に書いてもらいながら、私のチェックは「はいOK」とすぐにならないんです。なんかできる、なんかある…という予感がしたら、その予感に従うしかないですね。クライアントさんも夜21時から映画を観始めたことでしょうから、ありがとうございました&お疲れ様でした! 

 今日は英会話のあとに、またラッピング用品を買いに世界堂へ。EVENT資料のも既製品のファイルとかではなく、今回は素材から選ぶことにしました。この3種類の紙がどうなるか?! 世界堂の紙の多さはピカイチです! 切ったり、貼ったり、印刷して、オリジナル資料にしていきます。

 明日も映画へ。ウイス・アンダーソン監督の『犬ケ島』行ってきます!



0コメント

  • 1000 / 1000