おとなの産声♪

 私たちのボイトレ部を卒業して、遂に、シングルでライブを開くことになったaiさん。人生初ひとり舞台です。一緒にライブを数年やってきましたが、もともとお上手で、「ワンマンライブやらないんですか?」と私たちのライブの懇親会で、お客様から声がかかりました。そのときaiさんは、「え!!!!」となっていましたが、「一人でも来たい人がいたらやるんだよ!」と、私が言うと、その9か月後、実現となりました♪ ボイトレの先生の伴奏で12曲、弾き語り2曲、2時間です。

 初ライブということで、かなりの緊張のご様子で、ハプニングもありながら、歌い上げていました。とくに、これまで歌ったことのない高い音域を新しいボイトレの先生と模索して、開発されたようで、まさに産声。お勤めの仕事もありながら、家やスタジオで練習もされ、会場手配、お手伝い、集客はすべて自分でするという初のことだらけで、大変だったようですが、無事終了しました。ちなみに、プログラムの薔薇の絵は、私のクライアントのMさんが描いたものです。先日のセラピストさんのサロンの絵に続いて2作目となります。私がたまたま薔薇の服を着て行ったので、シンクロしてしまいました! It's a sign ! 

 まずは1回目。ご本人はどんな心境だったでしょうか? 

「初めてのこと」。子供のころは、いつも初めてのことばかりで、何があるのかワクワクした気持ちで、とりあえず、子供たちはやってみます。しかし、同じ人間でも大人になると、「そういうのやったことがないから…」と遠慮する。そう言い続けたら、やったことないままの人生になるだけです。そして、そう言えば言うほどドンドン意固地になって、本当に頑なになっている人も少なくないのではないでしょうか。

 産声をあげたaiさん、それを引き出したボイトレの先生もすごいと思います。aiさんが、絶対に出ないと思っていた音域でしたので。思いこみなだけなんですね。目の前に来ている課題ならば、絶対に突破できる。そんな勇気を頂きました。

 

0コメント

  • 1000 / 1000