映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』主演:ティモシー・シャラメ!

 Woddy Allen監督の2019年の映画が今頃やってきました。というのも、米国で『Me,too』運動があり、本国では上映中止になっていたのです。さらに、主要3人のキャストがギャラを受け取らず、チャリティーに寄付したという話まで! しかしなぜか日本にやってきましたので映画館で鑑賞してきました! ティモシー・シャラメが出ているからです!(笑)


あらすじ:

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。アシュレーが学校の課題で、有名映画監督にインタビューする機会に恵まれたからだ。ニューヨーカーであるギャッツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内する計画をいろいろ練っていた。ところが、映画監督が「上映会をするから来ないか?」とアシュレーを誘い、またとないチャンスのほうをアシュレーは選び、暇になってしまったギャツビーはNYを散歩することに。そこに高校時代の好きではない知り合いとばったり会って・・・・。次にギャツビーは映画のロケ中の過去の恋人の妹とばったりあって、なぜかキスシーンで出演することに。(笑)アシュレーのほうも、ドタバタに巻き込まれてました。二人はその調子で、完全にすれ違ってしまい…。NYの空もついに泣き出してしまいました。タクシーに乗ろうとすると、また過去の恋人の妹とばったり! ・・・・ウディ・アレン節全開です。


 チェット・ベイカーの『Everything Happens to Me』の歌をある場所で、ティモシー・シャラメが弾き語りしているシーンがとても美しかったです! 『君の名前で僕を呼んで』でも、ピアノを弾いていましたね。もちろん物語の伏線となりますが! 

 相変わらずのドタバタ劇&セリフの面白さ、ツッコミどころ満載でしたが、時間の経過を感じさせないくらいのスピード感のある展開。メトロポリタンミュージアムのシーンもよかったし、セントラルパークの馬車のシーンもいかにもウディ・アレンぽい! NYの高級住宅に住んでいる人の家って、こんなかんじなのか!とインテリアも楽しめる。

 『マリフィセント』に出演していたエル・ファニングの演技もキュート! しゃっくりの演技がこんなにうまくできる女優さんているのかしら?!セレブリティーに浮かれまくってしまう、私にとっては20年以上前の大学生時代が懐かしい感じもしました。(笑)ウディ・アレンが起用すると、ブレイクするというジンクスもあるので、これから楽しみです!

 映画館は、ウディ・アレンファンよりも、ティモシー・シャラメとエル・ファニングファンとみられる、20代の人たちが多く劇場にいました。ウディ・アレンの流れに身を任せるジャズのような物語展開、何事もなかったかのように心模様が変化してしまうことを、あっさり許してしまう感じ、理解できたでしょうかね。(笑)

 映画について調べていたら、コロナ禍中にウディ・アレンがインタビューに答えている記事を見つけました。ウディ・アレンも音楽や語らいの時間、散歩の時間を持てないことに悲しんでいるようですね…。しかし84歳でもお元気そうですね!

 そして、ティモシー・シャラメを調べていたら、ファッションの変遷を特集しているものを見つけました! 彼は、フランス人とアメリカ人のハーフで、NY生まれのようですよ! 俳優というよりもモデルのようです。それでピアノも弾けるし、これからどんな作品に出演するのか楽しみです。

 先日遅ればせながら、ティモシー出演の『君の名前で僕を呼んで』(2017)を観ました。北イタリアの避暑地を舞台に、男性同士のひと夏のエピソードを描いたラブストーリー。人と人との愛の物語であり、誰でも感動する要素あると思います。そして最後のほうのシーンで号泣しました。観てほしいのでネタバレは何も書きません! 一生のうちに見ておいたほうがいい映画、みたいなそんな位置づけともいえそうです!

0コメント

  • 1000 / 1000