I zone out and get into the zone.

 お世話になっている方が産休に入ってから数か月。夏と言っていたのでそろそろかなと思っていたところ、本日メールをいただきました。すやすやと双子ちゃんが寝ている写真付きでした! 

 しかし、壮絶な出産だったとのことで・・・。「真夏なのに寒くて鳥肌に歯がガチガチなる震え、寒さで電気毛布で温めてもらい、酸素マスク」と書いてありました?! 

 グーグルで調べてみると、それは生死をさまようレベルのようです。ああ、ほんとうに今では母子ともに健康でよかったなぁと、嗚咽ぎみで私も泣けてきました。生きているだけで幸せなんだろうなと思えました。 


 さて、10月の1D1U kitの印刷が始まりました。すべての手作業を一人でやっているので、無駄に外出せず、ネットで注文できるものは発注をかけたりして、ZONEに入るようにしています。

 昼はヨガへ行き、お風呂にさらっと入りぼーっとしてから、また作業。夜は30分ウォーキングと筋トレでジムへ行きまして、今またGet into the ZONEです。しかし、私に命令する人は誰もいないのに、(笑)なんでこれをやっているのか?と、ふと思いました。そのとき、内側から出てきた答えが、「これは誰かに頼まれている」でした。こういうのを作っているのは世界に私しかいないからです。

 「いったい誰なんだ? 私を動かす人が自分の中にいるぞ」そんなことを思ったのは初めてです。答えはまだ出てきませんが、とにかくやらなくてはいけない作業がてんこ盛りですので、何も考えずに頭と手を動かして、早めに終わらせたいと思います。そうしてSpaceができたら、また何かに気づく気がします。



0コメント

  • 1000 / 1000