過去と未来はどこに?

 今日は英会話の前にヨガに行けるように、集中して来週の日英メルマガを書きあげました。まずは日本語で書き、あとから英語にするの順番で2時間半くらい。自己最高記録更新です。
 時間を短縮するためには、頭の中で大体の組み立てを考えておくこと。英語にするために、すっきりとした日本語ではじめから書いてしまえばいいということ。すると、日本語もわかりやすくなるという相乗効果がある気がします。

 以前は、英会話の先生のシルキーセンテンスアイデアもお借りしないと、文章が素敵に仕上がりませんでしたが、今は、自分でシルキーセンテンスもつくれるようになって、英会話の先生の編集のセンスが乗り移ってきたようです。


 添削される個所もかなり減りました!カランレッスンをやっているので、長文がすらすらと出やすくくなってきたのを感じます。オフラインの英会話レッスンだけでは、上達はもう少し遅かったと思います。添削もすぐに終わってしまったので、『インターステラー』以来、私たちの間で流行っている「時空」の話になりました。英会話の先生はこの本読んだようです。ある日、朝起きたとたんに時間の感覚がおかしくなって、パニックになったたほど影響を受けていました。(笑)

 過去と未来は、人間の頭の中に存在しているだけかもしれません。最近、一番大事なのは時間なのかなと思い始めました。時間=命ですしね。


0コメント

  • 1000 / 1000