屋根まで届く黄菖蒲の夢。

 毎朝8時にコミュニティーでグループ瞑想を開催し、そのあと2度寝しているのですが、そういうレム睡眠の間に夢を見ます。今日は地震もありましたが…。

 黄色い背の高い花が、実家に咲き乱れていて、2階建ての屋根よりもグーンと高く聳え立っていました。姪がもっと近くで見ようと、屋根の上に乗っていたので、私は注意喚起していましたが。(笑)

 夢の風景をイラストにしてみました。空色と黄色のコントラストがとても美しかったです! 夢の中では何の花かわからなかったのですが、起きてもう一度思い出してみたとき、菖蒲の形だとわかりました。黄菖蒲です。



◎花の夢が意味すること

夢占いでは、花の夢を見た場合は、あなたの今までの努力が報われて、才能が開花することを意味した吉夢になります。今まであなたは、仕事や恋愛、勉強など、何かに力を入れてきたのではないでしょうか。そして、コツコツと努力をしてきたのでしょう。「花」の夢は、その努力の甲斐あって、あなたの才能や能力が、周りの人から認められることを暗示した夢になります。


◎黄色の花の夢占いの意味

黄色い花の夢は、夢占いでは、あなたが幸運に恵まれることを意味しています。明るく可愛らしい黄色の花は、あなたの創造性が高まっていることを意味しています。もしもあなたがクリエイティブな仕事に就いているのなら、チャンスが訪れる予感です。良い作品を生み出すことができるでしょう。その他の職業の人も、この夢を見た時期は、良いアイデアが得やすい時期です。仕事や趣味などで、積極的に創造力を必要とする作業に打ち込んでみてください。


◎しかし、悲しいお知らせがあります。

在来種のカキツバタ、アヤメ類には少ない「黄色」の花色が好まれて100年以上も前の明治時代に観賞用として導入されたようです。繁殖力が強い外来種で環境省の「要注意外来生物」に指定されています。ヨーロッパでは畑や湿地に生える「雑草」扱いだそうです!


 繁殖力がすごいから、夢の中でもものすごい本数が咲いていたのですね。夢と現実の堺がよくわからなくなってきました。(笑)


0コメント

  • 1000 / 1000