『Frozen Ⅱ』 鑑賞。

 『FrozenⅡ』字幕版鑑賞です。今回、オラフがかなり知恵をつけていたので、まずびっくりしましたね。(笑)それに、クリストフが、メンズディズニーキャラクターにしては、アナに振り回されたりしているところとかも。そして、アニメーションがとても美しくて、炎が本物のようでした。もはやアニメとは思えないほど、リアルの世界と融合していました。

 テーマとしては、Toy story4のときのように、主人公の成長物語となっていました。今回は、「自分のルーツを知る旅」とでもいいますか。私が昨年、前世牧師?!を確認するかのように「スイスへ行きなさい」と謎の歌声が聞こえてきたように。(笑)「はーあ ああー♪」。

 自分のルーツを知るために、大波を超えて、何が何でも北へ向かうエルサ。もはや、呼ばれていたわけですから、辿り着かない訳はありませんが、Frozenにされて、またアナとの愛の力で、次の展開迎えることができました。なんだか、ウディーとバズとの別れを思い出しましたが! こんなにあっさりでいいのかしら?! 

 最近のディズニーは、「主人公の成長物語」と思ってみないと、終わったとき「ポカン」としてしまいがちです。私も、映画の後からいろいろとネタバレを調べまして、今納得して感想を書いているところです。

 それにしてもオラフは、なんであんなにストーリーテラーみたいな位置になったのだろう? エルサだけでなく、すべてのキャラクターが成長している。のび太君がずっと小学生とか、そういうのはないんですね。

 やはり、テーマソング、ボイトレでやるでしょ!

0コメント

  • 1000 / 1000