ものまねレッスン音声。宇多田ヒカル『初恋』&広瀬香美『ロマンスの神様』

 私は、コロッケさんと誕生日が一緒です。(笑) 本日のボイトレでは、宇多田ヒカルさんの『初恋』2回目のレッスンで、ついに宇多田ヒカルさんのモノマネに取り掛かり始めました。というのも、意外とできるんじゃないか? という兆しが見えたのです。

 宇多田さんはフルフルしている声なんですけど、発音ははっきりと聞こえるような出し方をされているように感じています。そこを意識して歌ってみたら、なんか出てきたんです。そのときの変化を音声ピックアップしてみました。前半は自分の普通の歌い方で歌っていますが、途中からフルフルを意識して歌ってみた声になっています。 

 声の出し方としては、鼻から音を出すことを意識して、出す息を多くして発声してみました。体は完全に脱力状態であることがポイントです。一度、その感覚を掴んだので、残りの30分はずっとそんな感じで歌い続けました。結構腹筋が動くような歌い方になります。ということは、自然とトランス状態に入りそうですね。そうすると、声の出し方が自然と一定な感じになってくるので、ますます似てくるでしょう。次回までの自主トレです。

 先日カラオケで、既にレッスンは終わっている『ロマンスの神様』を歌ってみました。宝地先生が、私のこの音声を聴いて「カラオケで歌っている感じがしないね。普通にCDを聴いている感じで違和感ないよね~」と感心されているご様子でした。

 なぜそうなのかというと、エコーを10まで落としているので、カラオケ独特の響きになっていないからだと思います。BGMの大きさと私の声の大きさがちょうどよいバランスになっていました。自分で聴いてみても、結構似てきてますね。20年前はこの曲をよく歌っていましたが、モノマネしようとは思わなかった声なので、これは練習の成果だと自負しています。

 私とカラオケへ行くと、5人くらい人数が増えたような異次元空間になると思います。(笑) 2019年の目標は、単独モノマネライブです♪ 


0コメント

  • 1000 / 1000