金色の光(丹光)が見えたので、新月の明治神宮参拝。

 新月の夜中、寝る前にボイトレで習った歌の感覚にしみこませてから寝ようと、宇多田ヒカルさんの『初恋』の出だしの「うるさい」のところばかり、目を瞑ってリピートをしていたら、突然瞼の裏あたりが宇宙空間になり、そのまま瞑想をしてみたら、金色のシャワーが降り注ぎまして、夜中に驚きました。

 そのゴールデンライトが見える7時間前に、姪っ子のプレゼント包み紙を何十分も選んでいて、結局金色の袋を買っていたというのも、イメージ力に影響を与えてそうですが! しかしながらまだ瞑想習っていないのに、自己流で金色まで見えるのならば、きっと瞑想向いているのかなと思いました。

その光の絵をこちらの記事に書いています。 

 諸説によると、どうやらつながってしまったようなので、(笑)午前中、明治神宮に新月参拝へ行くことにしました。

 願い事の用紙に「金色の光を受け取りました。ありがとうございます」と色々考えた挙句記入しました。今日はこれしかないだろうと。

 それから境内の木の椅子にて、瞑想を行いました。人がたくさんいるので、集中できるように壁に向いて。とにかく集中力と創造力が抜群に飛躍しているのを感じます。

 明日は瞑想の説明会2回目へ行くので、事前に先生に「金色の光が見えました」とメールしました。その境地を踏まえて、教えてもらえたら面白そうです!


0コメント

  • 1000 / 1000