うつ伏せ寝で顎ずれる。

 昨日はカイロプラクティックの日で、また私のカイロ施術YouTube(現在41万回再生)からお客様の予約が入ったと先生がおっしゃっていました。お客様が増えると予約取るの大変になってしまいそうですが! お役に立てているようでよかったです。自分のコーチング営業動画も作ってみましょうかね。


 カイロは予防のために月2回通っているので、いつもどこも痛くないのに施術してもらっています。それでもやはりどこかつまりがあったり、ゆがみが生じているので、すっきりしますし、健康なのは免疫力を高めるカイロプラクティックもお役に立っていると思います。

 しかし、昨日は顎がはずれていました。いわゆる顎関節症的な症状で、口をあけると顎がずれているのが明らかにわかり、しかも右のこめかみのあごジョイント部分に痛みが走っていました。もう5日間くらい。だから、セミナー中もボイトレのときも、いつもより少し負担がかかっていたと思います。顔も歪んでいるのがわかるくらいだったと思います。毎日瞑想しているので、いつもとの違いが明らかで、呼吸が深く入らないなぁと思っていました。

 顎が痛い! と気づいたのは、先週金曜の午前1時半ころ、まだこれから記事を書かなくてはいけないというときに、眠気が襲ってきて、思わず机の上でうたた寝をしてしまいました。珍しいことです。1日4記事書くとなると、どうしても夜中まで食い込んでしまいます。

 30分くらい眠り起きたとたんに、右側のあごの付け根に痛みが走りました。口を大きく開けると明らかに顎がずれている。口を閉じていればわかりませんが、しゃべると口が曲がるし。5日間、治らないまま時は流れて、カイロの日になりました。

 まずは背中の方から施術され、首の施術となりました。いつも痛くないですが、「カキン」となると、ツーンと痛みが走り、最後は「ちょっと口を開けて力抜いてください」と言われて、上から直角方向から顎に「ガツン」と施術が入り、「はまった!!!」。口を開けてみると、顎ずれずはまっている。今日はさらに時間が経過し、完全に治りました!

 うつぶせ寝をすることで、後頭骨に酸素がいきわたりづらくなり、首のあたりが詰まる。そして顎に影響がでたようです。頭蓋骨周りに酸素が回りにくくなったことで、呼吸も浅くなってしまったのでしょう。うつ伏せ寝はいけません。



0コメント

  • 1000 / 1000