【補色の話】

最近私の中でが物凄く気になっています。
それは、ゴッホ展を見てから、店内のボディーのことを考えたりしていて、
ある法則を作用させることで、人目を引くことが出来るということです。

このボディーの写真をご覧下さい。



目に残りませんか?

そして、私の好きなゴッホの「夜のカフェテラス」の絵です。


シャガールの絵は一番好きで、玄関にも飾っています。
卒業旅行でパリのオペラ座の天井画がどうしても観たくて、
その日1日は、7人グループの輪からはずれて、一人で見に行ったくらいです。

その秘密は、補色関係にあるのです。


【補色とは?】



*色相環で見たときに、ほぼ反対側に位置する色同士の組み合わせ。

*たとえば、メインカラーが青で、サブカラーがイエロー。
*「補色」とは、本来色相環の真向かい(180度)にあり、
 かけあわせると無彩色になる色のこと。
*一般的にも反対色として知られるように、色相差の大きさに反して、
 合わせやすいとされる組み合わせです。
*ワンポイントカラーとして使用するとよいでしょう。

是非、この法則をご活用くださいね。

0コメント

  • 1000 / 1000